風評被害にあってしまった時、いったい誰を訴えればいいの?

犯人を見つけ出す方法

事の重大さに気づかせよう

自分が誹謗中傷されていることに気づいたら、相手を訴えるのが効果的です。 こちらがやめてほしいと言っても、相手は改善してくれないかもしれません。 言っても聞かない時は、法的な手段を使いましょう。 相手がわかっていれば、準備を進めてすぐに訴えられます。

誹謗中傷に気づいたら

相手は、遊び目的でこちらの誹謗中傷をネットに記載している可能性があります。
ですがこちらは本気で傷ついていますし、風評被害に困っているのです。
訴えることで、どれだけ重大な問題なのか相手に気づかせることができます。
サイトに誹謗中傷を書き込んだ人物がわかっている場合は、その人を直接訴えてください。
弁護士に相談すれば、手続きの流れを教えてくれるなど、協力してください。
わからないことが多いと思うので、専門家の力を借りましょう。

しかし、相手がわかっていないこともあります。
その場合はまず、誹謗中傷をした犯人を見つけ出さなければいけません。
サイトの管理人に連絡できるなら、お願いしてください。
しかし管理人は、1日にたくさんの人から依頼を受けています。
自分の依頼の返事が来るまで、かなりの時間がかかると言われています。
早く犯人を見つけて訴えたいなら、業者に探してもらうといいでしょう。
特殊な業者がいるので、すばやく書き込みをした人物を特定してくれます。

企業の悪口を言っているのが、ライバル企業だったというケースも多いです。
その場合は個人ではなく、企業全体を訴えることができます。
自分の会社の誹謗中傷を見つけたら、すぐ弁護士に相談してください。
嘘の情報でも、信じてしまう人がいいます。
すると売り上げが低下する原因になるので、すぐ対応しなければいけません。
相手が嘘だと認めれば、下がっていた売り上げも元に戻るでしょう。

訴える相手を見つけよう

自分の誹謗中傷が書かれていることに気がついても、犯人がわからないと訴えることができません。 まずは、誰が犯人なのか特定してください。 サイトを管理している人に、見つけてもらうことができます。 誹謗中傷をした犯人を探す業者がいるので、依頼してもいいでしょう。

ライバル企業の策略

訴えられるのは、個人だけではありません。 企業が相手になることもあります。 ライバル企業がこちらの人気を落とそうとして、嘘の情報を流すことがあります。 誹謗中傷だと感じたら、相手の会社全体を訴えることが可能です。 早めに対策をしないと、経営状態が悪くなります。

TOPへ戻る