青汁を買うならケールが入ってる商品がお勧め|栄養価が豊富

健康志向の人が増加

美容効果が高い

男女

一昔前までは、青汁を飲む人といえば、一部の健康マニアかお年寄りというイメージでした。しかし、近年では若者からお年寄りに至るまで、幅広い層に飲まれる人気ドリンクとなっています。このような青汁人気の背景には、国を挙げての健康ブームがあります。日本の食生活が欧米化して肉中心となったため、野菜不足の食生活となりました。それゆえ、生活習慣病になる人も増えたため、健康のために青汁を飲む人が増えたのでしょう。青汁の原料であるケールには、ビタミンやミネラルをはじめ、さまざまな栄養素が含まれているため、飲むだけで必要な栄養素を摂取できます。そして、青汁が人気のもう一つの理由は、美容効果が高いことも挙げられます。ケールには、野菜の中でもトップレベルの抗酸化成分が含まれているため、酸化を防ぎ、老化予防ができるのです。美容のために青汁を飲む女性が増え、美容ドリンクとしても市民権を得るようになりました。また、青汁が改良され、飲みやすい味になったのも、人気を後押ししています。ケールには独特の青臭さがあり、それを苦手とする人もありましたが、今の青汁はまろやかで飲みやすく、美味しく飲めるドリンクとなっています。このように、青汁は野菜の王様との別名をもつケールの栄養が丸ごと堪能でき、健康と美容を向上させてくれるので、多くの人に支持されていると言えるでしょう。味が苦そうだと敬遠している人も、一度飲んだら病みつきになるかもしれません。

青汁を飲みやすくする方法

腕を広げる人

テレビの影響で青汁は不味いイメージがあります。ケールは野菜であり、ミキサーにかけると独特の味わいがあるのでやはり飲むにはハードルが高いものです。青汁として加工しても状況は劇的に変わりません。最近は蜂蜜を配合し飲みやすいことを売りにしている商品もあります。しかし、価格は高額な商品が多くなります。何も配合されていない青汁を飲むときは、飲み方を工夫するとよいでしょう。青汁はほとんどが粉末の状態で販売されており、それを水で溶かして飲用する方法が推奨されています。しかし、水ではなく他の物で溶かすことで味が随分と変化し飲みやすくなるでしょう。一つ目は牛乳に混ぜてみます。ケールの中にある豊富な食物繊維やビタミンの他に牛乳を混ぜることで、同時に牛乳に含まれるカルシウムやたんぱく質を摂取することができます。青汁とのこと飲み合わせで牛乳のカルシウムの吸収が良くなることも知られています。飲んだ口当たりはまろやかでケールの苦味を消してくれます。そこに蜂蜜を加えるとさらにまろやかになります。ただし、牛乳を飲むとお腹を壊しやすい人はこの組み合わせは見送るべきです。青汁の中にある食物繊維は腸に作用するものです。乳糖不耐症を発症している方も飲用すべきではありません。なお、蜂蜜は腸内環境を改善させる作用があります。結果、腸内が活性化しすぎて下痢や腹痛をおこすことがあるので注意すべきです。次は青汁の粉末を野菜ジュースで混ぜる方法です。青汁の苦味や酸味を緩和することができる組み合わせです。ただし、ニンジンはケールのビタミンを破壊してしまうため、対象からはずしてください。

その人に合った目的で

飲み物を飲む人

アブラナ科の植物のケールは、日本では青汁の材料になる苦い野菜として広く知られていますが、海外では食用としても用いられています。スコッチやマローステムなど様々な品種があり、その中で青汁の材料によく使われるのは、葉が大きく育つツリーケールという品種です。ケールの葉に存在する栄養素の数はとても多く、その含有量も他の植物や乳製品に比べて高いことで知られています。その人の体の悩みや目的に合わせて、ケールを日々の生活の中に取り入れるといいでしょう。カルシウムが牛乳の2倍も含まれており、吸収率も牛乳以上なので、丈夫な骨と歯を作りたい時に最適です。ベータカロテンの量もトマトの数倍なので、目の健康や美肌の為にビタミンAを補給したい時にも役立ちます。さらに睡眠ホルモンのメラトニンもケールから摂取できるので、不眠症のために睡眠薬を服用することに抵抗がある人にいいでしょう。ケールは青汁やサプリメントを通して摂取することが可能です。独特の苦みがある味が気になる人は、ケール入りのサプリメントの方が適しています。青汁として飲む場合は、味が一定ではなく、収穫されたシーズンごとに味が異なるメーカーの方を選びましょう。なぜなら、ケールは季節によって味わいや苦さが異なるからです。一般的に、成長スピードが速い夏に収穫されたケールの方が苦みがある傾向があります。味を調整するために添加物などを使っていない、自然な製法の青汁の方が体にとっても安心です。

健康志向の人が増加

男女

青汁が人気の理由は、健康指向の人が増えたことや、美容効果が高いことが挙げられます。また、改良されて主原料であるケールの青臭さがなくなり、まろやかで飲みやすい味になったのも、人気を後押ししていると言えます。

もっと読む

携帯性の高い粉末タイプ

婦人

青汁はケールを主原料とした健康食品で、最も知られているドリンクタイプの他に、携帯に優れている粉末タイプや味、風味を気にせず飲みやすい粒タイプがあります。また、鮮度が高い冷凍タイプや、子供にも食べやすいゼリータイプもあります。

もっと読む

青汁に入っている原料

婦人

青汁に配合されやすい原料、「ケール」は栄養価が高く緑黄色野菜の王様です。ベータカロテンやクロロフィル、メラトニン、ルテイン、食物繊維、微量のビタミンCを含みますが、健康や血圧、美容に適した健康素材になります。

もっと読む